【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)政府は13日、新型コロナウイルスの感染者が1人確認された段階で導入したロックダウン(都市封鎖)によって感染を抑制しつつあるとして、最大都市オークランドの制限措置を21日深夜(日本時間同夜)から緩和する方針を固めた。
 NZは8月17日、デルタ株が国内に流入した恐れがあるとして、警戒水準を4段階で最高レベルの4に引き上げて全土で都市封鎖を導入した。その後、オークランド以外の地域では感染リスクが低下し、レベル2に引き下げられた。 

(ニュース提供元:時事通信社)