梶山弘志経済産業相は14日の閣議後記者会見で、中小・零細企業のデジタル化を支援する補助金制度で不正受給が行われた疑いのある問題を受け、新規の受け付けを週内にも一時停止する方針を明らかにした。経産省は13日に自主的な返還を受け付ける窓口を設置している。
 この補助金は経産省の「中小企業デジタル化応援隊事業」。中小事業者がテレワークやオンライン会議の導入などでIT専門家の支援を受けた場合、その謝礼のうち最大30万円を補助している。 

(ニュース提供元:時事通信社)