台風14号は14日夜、東シナ海を南東へ進んだ。気象庁によると、勢力は弱まって暴風域がなくなった。16日夜から17日夜にかけ、対馬海峡付近を経て山陰沖へ進むと予想されるが、その間に温帯低気圧に変わる見込み。低気圧はその後も北東へ進むとみられ、西・東日本や東北地方は荒天になる恐れがある。
 一方、東シナ海から九州、四国沖、関東沖にかけて前線が延び、14日は西日本や東海、関東で雨が降った。気象庁は九州では突風や落雷に注意するよう呼び掛けた。九州南部や伊豆諸島は大雨になる恐れがあり、15日午後6時までの24時間雨量は多い所で150ミリと予想される。
 14号は14日午後9時、東シナ海を時速10キロで南東へ進んだ。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。東側460キロ以内と西側280キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

(ニュース提供元:時事通信社)