政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種証明をスマートフォン画面で表示できるようにする方針を固めた。事業者などがQRコードを通じて接種情報を読み取れる仕組みを検討。取得にはマイナンバーカードが必要で、年内にも発行を開始する。
 デジタル庁が17日に示したデジタル版接種証明書の概要によると、接種証明を取得するにはスマホでアプリをダウンロード。マイナンバーカードを読み取り4桁の暗証番号を入力して申請し、電子交付される。スマホに表示されたQRコードには、氏名、接種歴、ワクチンのメーカーなどの情報が含まれる。
 このほかに、飲食店やイベントなどの予約サイトを念頭に、インターネット上で事業者が接種情報を把握できるシステムもつくる方針。利用者は、予約時に接種券番号と生年月日を入力。事業者は国のシステムから、利用者の接種情報を把握できるようにする。同庁は自治体や事業者などから意見募集を開始しており、年内の実用化へ詰めの作業を進める。 

(ニュース提供元:時事通信社)