【サンパウロ時事】ブラジル・リオデジャネイロ市南部のボタフォゴで16日夜(日本時間17日朝)、男が中国総領事館に爆発物を投げ込んで逃げ去った。爆発物はさく裂し、建物の一部が損壊したが、死傷者は出なかった。国営通信などが伝えた。
 公開された防犯カメラの映像によると、スポーツウエアを着て野球帽にマスク姿の男が歩道から塀越しに爆発物を投げ込んだ。警察が男の行方を追っている。 

(ニュース提供元:時事通信社)