田村憲久厚生労働相は21日、新型コロナウイルス対策をめぐり、全国知事会(会長・平井伸治鳥取県知事)とテレビ会議を開いた。田村氏はワクチンの3回目接種で自治体の協力を要請。これに対し、平井会長は「対象範囲や時期に関する情報をできるだけ早く示してほしい」と述べ、円滑な実施に向けて早期の情報提供を求めた。
 田村厚労相は「(2回目接種から)8カ月以上たった人に対し、必要なら接種を行うという方向性が専門部会で示されたので、いろいろな体制整備でご協力を頂きたい」と強調。重症化を防ぐため、往診での実施を認めた抗体カクテル療法に関しても、今後の全国的な活用を見据え、都道府県の協力を改めて訴えた。 
〔写真説明〕新型コロナウイルス対策をめぐり、テレビ会議で田村憲久厚生労働相(モニター内の中段右端)と意見を交わす全国知事会のメンバー=21日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)