政府が新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を今月末で解除する方向で検討していることを受け、沖縄県は26日、宣言が解除されて「まん延防止等重点措置」が適用されなくても、飲食店に営業時間短縮などを要請する「独自措置」を県全域で行うと決めた。政府方針を受け、28日に正式に決める。実施期間は今後検討する。
 玉城デニー知事は記者会見で「人口当たりの新規陽性者数は全国で最も多い。感染防止措置は直ちに全面解除するのでなく、段階的に(緩和を)行う必要がある」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)