【シリコンバレー時事】米アップルは13日、スマートフォンのiPhone(アイフォーン)で正規の「アップストア」とは異なる外部ストアにアプリ配信を認めれば、利用者が不正アクセスなどで危険にさらされる可能性があるという報告書を公表した。
 アップルをめぐっては、アプリの入手ルートを限定した上で高額な配信手数料を課しているとして、訴訟や規制強化の動きが活発化。報告書は、利用者保護の面を強調することで、批判に対抗する狙いもあるようだ。 

(ニュース提供元:時事通信社)