【北京時事】中国国家統計局が18日発表した2021年7~9月期の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比4.9%増にとどまった。伸び率は前期(7.9%)を下回り、2四半期連続で鈍化。市場予想(5.2%、ロイター通信調べ)にも届かなかった。電力不足や新型コロナウイルスの感染再拡大が響いた。
 GDPは前期比でも0.2%増と伸び悩み、景気減速懸念が一段と強まった。統計局の付凌暉報道官は記者会見で「国内経済の回復は依然として不安定で、バランスに欠けている」と述べた。不動産開発大手・中国恒大集団の経営危機もあり、先行きには不透明感が強まっている。
 中国では発電用石炭の高騰を背景に電力不足が深刻化しており、電力供給制限で工場の操業が止まるなどの影響が出ている。9月の鉱工業生産は前年同月比3.1%増と、昨年3月以来の低さとなった。原材料価格の高止まりも製造業を圧迫した。 

(ニュース提供元:時事通信社)