関西電力は23日、運転開始から40年を超えた原子力発電所として国内で初めて6月に再稼働した美浜3号機(福井県美浜町)の運転を停止する。設置を義務付けられているテロ対策施設の工事が期限に間に合わないため。施設は来年9月ごろ完成予定で、同10月に再開する見込み。
 停止後は約13カ月間の定期検査に入り、設備保全のため2次系配管の点検や燃料の取り換え作業などを実施する。 

(ニュース提供元:時事通信社)