【カイロ時事】民政移管に向け軍民共同統治が行われていたスーダンで25日、暫定政権のハムドク首相が軍に拘束された。移管を担ってきた統治評議会のブルハン議長は演説で、同評議会と暫定政権の解散を宣言。全土に非常事態を発令すると表明した。権限掌握を狙った軍によるクーデターとみられる。市民の抗議に対し、軍が発砲、現地の報道によれば、少なくとも2人が死亡した。
 ブルハン氏は、2019年に署名された軍民統治を定めた合意が「平和を脅かす闘争を招いた」と主張。「軍は国家の安全を守る必要がある」と軍の対応を正当化した。一方で、23年7月の選挙実施を公約し、それまでは「民政移管の作業を続ける」と強調した。
 情報省がフェイスブックで公表した声明では、ハムドク氏は軍の行動への賛同を拒否し、夫人と共に自宅から連行された。ハムドク氏の軟禁先は不明だが、国民向けに「街頭に繰り出し平和を守ってほしい」と訴えた。暫定政権の閣僚数人や、軍に批判的だった統治評議会メンバーらも拘束された。
 現地の報道によると、首都ハルツームや近郊では兵士が展開して主要道路を封鎖。国営メディアの施設も兵士に占拠され、職員らが拘束されたという。軍の統治に反対する市民は抗議デモを実施し、軍施設近くでは市民と治安部隊が衝突した。デモ隊排除のために実弾が使用され、AFP通信によると、スーダン医師会は「2人が殺害され、80人以上が負傷した」と発表した。 
〔写真説明〕25日、演説するスーダン統治評議会のブルハン議長=スーダンテレビより(AFP時事)
〔写真説明〕スーダン暫定政権のハムドク首相=18日、ハルツーム(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)