松野博一官房長官は26日の記者会見で、小笠原諸島の海底火山噴火で沖縄県の海岸などに軽石が漂着していることに関し、「漁業などへの影響は現在調査中だが、地方公共団体と連携して迅速な復旧に努めるとともに、状況を注視していきたい」と述べた。松野氏によると、海上保安庁の巡視艇が軽石を吸い込み、航行不能となった事案も発生した。 

(ニュース提供元:時事通信社)