【ニューデリー、北京時事】中国の王毅国務委員兼外相とアフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権のバラダル副首相代行は25日、カタールの首都ドーハで会談した。中国外務省の26日の発表によると、王氏は「力の及ぶ範囲で人道支援物資を提供する」と約束。タリバンはツイッターで「実り多い会談だった」と中国との連携を誇示した。
 中国外務省によれば、王氏はアフガン情勢について「人道、経済、テロ、統治の四重の挑戦に直面している」と指摘し、中国がタリバン側を代弁して米国などに対タリバン制裁解除を促していると説明。問題克服に向け「国際社会のより多くの理解や支持が必要だ」と述べた。
 タリバンは、8月末のアフガン駐留米軍の撤収後、米中対立の構図を利用し中国に接近。政権承認や支援を引き出したい考えとみられている。 

(ニュース提供元:時事通信社)