警察庁は、千葉県八街市で児童5人が死傷したトラック事故を受けて全国の公立小学校などの通学路で行った点検結果を踏まえ、早急に対応が必要な約1900カ所の対策を実施することを決めた。26日に閣議決定された2021年度補正予算案に関連費用6億円を計上した。
 対策では、交差点で青信号のタイミングを分離して車両の通過と歩行者の横断が交わらないようにする信号機や、ボタンを押すと歩行者用信号が青になる信号機をそれぞれ10カ所新設する。さらに、最高速度や一時停止といった標識約2300本を新たに設けるなどし、横断歩道も整備する。 

(ニュース提供元:時事通信社)