【ブリュッセル時事】オランダ保健当局は27日、南アフリカからアムステルダムのスキポール空港に26日到着した航空便2便に乗っていた600人のうち61人が、新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと明らかにした。新たな変異株「オミクロン株」の感染かどうか分析を急いでいる。
 陽性者はホテルで隔離される。オランダ政府は新変異株流入を阻止するため26日、欧州連合(EU)市民らを除きアフリカ南部からの航空便での入国を禁じたが、2便は禁止前に到着した。地元メディアによると、搭乗前には24時間以内に行った検査の陰性結果を示す必要があったという。
 オミクロン株をめぐっては、ベルギーで26日、欧州初の感染者が確認された。ロイター通信によると、27日にはドイツとチェコでも疑い例が見つかり、解析作業が進められているという。 
〔写真説明〕オランダ・スキポール空港の旅行者=2020年7月(EPA時事)

(ニュース提供元:時事通信社)