【ニューヨーク時事】米国とカナダで3日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染例が相次いで報告された。ロイター通信によると、米国では新たに6州で確認され、計11州に広がった。カナダではアフリカ南部への渡航歴を持つ子供の感染が明らかになった。
 米国は1日、国内初の感染を公表。これまでにニューヨーク州やカリフォルニア州などで検出されており、3日にはネブラスカ州でナイジェリア帰りの1人から他の5人へ家庭内感染が発生したことが判明した。メリーランド、ニュージャージー、ユタ各州では南アフリカからの帰国者が感染した。
 11月末に初の感染例が報告されたカナダでは、トロント近郊で家族と共にアフリカ南部から帰国した12歳未満の子供の感染が分かった。ロイターによると、カナダ国内の感染者は計15人となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)