厚生労働省は6日、イタリアに滞在し、空港検疫で新型コロナウイルス陽性が分かった30代男性から、変異株「オミクロン株」が検出されたと発表した。国内では3例目の確認。男性は入国後に隔離されており、医療機関に入院する。同省は男性の国籍を明らかにしていない。
 厚労省によると、男性はイタリアの首都ローマからドイツのフランクフルト空港経由で1日に羽田空港に到着し、検疫で陽性と判明した。その後、国立感染症研究所による全遺伝情報(ゲノム)解析でオミクロン株が検出された。男性は無症状で、7~8月に米モデルナ製ワクチンを2回接種していた。 
〔写真説明〕新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の国内3例目が確認されたことを受け、記者会見する後藤茂之厚生労働相=6日午後、東京都千代田区

(ニュース提供元:時事通信社)