気象庁は14日、強い冬型の気圧配置となるため、東北から中国にかけての日本海側を中心に17~18日ごろ、大雪や大しけになる恐れがあると発表した。暴風や高波、猛吹雪による交通の乱れなどに注意が必要。
 同庁によると、17日に低気圧が発達しながら北海道や東北上空を通過。その後、18日にかけて日本上空に強い寒気が流れ込む見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)