【ワシントン時事】米国防総省のカービー報道官は14日、ロシアがウクライナによる攻撃や挑発行為があるかのように偽装するため、国境地帯に工作部隊を配置したとの情報があると明らかにした。ウクライナ侵攻を正当化するための口実づくりとみられる。同省での記者会見で語った。
 カービー氏は、ロシアが開戦の大義名分を得るため、自国や親ロシア派に対する破壊工作を自演する「偽旗作戦」を準備していると指摘。ソーシャルメディアなどを使い、ウクライナが挑発しているかのように見せ掛ける偽装工作も既に行われていると警告した。 

(ニュース提供元:時事通信社)