静岡市は15日、市内の医療機関で11日に死亡した男性について、全遺伝情報(ゲノム)解析の結果、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染していたと発表した。千葉県も11日に死亡した90代以上の女性の同株感染を発表した。国内で同株感染者の死亡が判明したのは初めて。
 静岡市在住の男性は高齢で、重い基礎疾患があったという。一方、千葉県在住の女性には循環器系の基礎疾患があった。女性はコロナに感染した家族の濃厚接触者で、発熱などの症状があり、1月上旬から医療機関に入院していた。ワクチンは2回接種済みだったという。 
〔写真説明〕静岡市役所静岡庁舎新館・葵区役所(左)と本館(静岡市葵区)

(ニュース提供元:時事通信社)