国内では15日、新たに2万5742人の新型コロナウイルス感染者が確認された。2万人を超えるのは2日連続。「第5波」のピークで、これまで最多だった昨年8月20日の2万5990人に迫り、感染が急速に拡大している。
 新たな死者は計6人。厚生労働省によると、全国の重症者は前日から12人増えて233人となった。
 東京都では前週土曜日の約3.7倍となる4561人の感染が新たに確認され、2日連続で4000人を上回った。大阪府では過去最多となる3692人の感染が判明したほか、新潟県(284人)、京都府(725人)、兵庫県(1191人)、広島県(1212人)、沖縄県(1829人)など9府県でも最多を更新した。
 医療提供体制の逼迫(ひっぱく)が懸念されている沖縄県では、感染や濃厚接触などで休む医療従事者は15日時点で1171人に上った。 

(ニュース提供元:時事通信社)