気象庁は17日、冬型の気圧配置が強まるため、静岡県を除く東海や北陸では18日にかけて大雪に警戒するよう呼び掛けた。平地でも大雪になる恐れがあり、交通の乱れや路面の凍結に注意が必要。北陸では風が強まり、海上はしける見込み。
 18日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で、北陸山地・山沿いが40~70センチ、同平地が10~40センチ、愛知・岐阜両県山地が10~50センチ、同平地と三重県が5~20センチ。 

(ニュース提供元:時事通信社)