東京都の小池百合子知事は21日の定例記者会見で、政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長が「人流抑制ではなく人数抑制がキーワード」と発言したことについて、「人流や人との接触機会の削減、不要不急の都道府県間の移動の自粛は(政府の)基本的対処方針に書かれている。尾身先生はそれを超えたことをおっしゃっているので、そこは国と尾身先生、分科会、専門家で整合性を取ってほしい」と述べた。
 都は21日から始まった「まん延防止等重点措置」で、基本的対処方針に基づき、都民に対して不要不急の外出や都道府県間の移動自粛を呼び掛けている。 

(ニュース提供元:時事通信社)