新型コロナウイルスの国内感染者は24日、新たに4万4817人が確認された。3日ぶりに5万人を下回ったが、前週の月曜日と比べ2.1倍に増加し、月曜日としては最多。全国の重症者は前日比9人増の439人、死者は18人だった。
 東京都では、新たに8503人の感染が確認された。1日当たりの感染者数は前週の月曜日(3719人)と比べ2.3倍に増加した。80代の女性1人の死亡も確認された。
 都によると、病床使用率は36.7%で、前日から1.4ポイント上昇した。都基準による重症者は12人で前日から1人減った。
 このほか、神奈川県で5276人、大阪府で4803人、埼玉県で3181人、千葉県で2760人などの感染が新たに判明。秋田、山形、埼玉、千葉、神奈川、佐賀の6県で新規感染者が過去最多となった。
 神戸市では、コロナに感染し自宅療養中だった70代女性の死亡が判明した。女性は22日に感染が分かり、電話で調査した保健所が家族に救急要請を勧めた。駆け付けた救急隊が保健所と相談し、血中酸素飽和度の数値などから搬送の必要がないと判断されたが、23日午前に死亡が確認された。女性に基礎疾患はなく、ワクチン接種歴は不明という。 
〔写真説明〕渋谷の交差点を歩く人たち=19日、東京都渋谷区(AFP時事)

(ニュース提供元:時事通信社)