【ロンドン時事】英国の雇用裁判所が、職場で男性を「はげ」と呼ぶことはセクハラに当たると認める判決を下した。人権意識の強い英国でも画期的な判決と言え、関心を呼んでいる。
 公表された判決文によると、この訴訟はイングランド中部ウエストヨークシャー州の工場で働いていたトニー・フィンさんが、約24年間勤めた会社と上司を相手に起こした。約30歳若い上司がフィンさんに、下品な言葉で薄毛をののしったことがきっかけだった。
 訴訟ではこれが単なる侮辱か、セクハラに当たるかが争点となった。被告側の弁護士は「女性も男性同様にはげることがある」と主張。3人の裁判官はこの指摘を正しいと認めつつ、「女性よりも男性に多く見られ、本質的に性別と関係していると考える」と述べた。
 判決はその上で、職場で女性の身体的特徴を直接的に語るのは不適切だと認定した1995年の判例とも比較。男性の頭髪への言及もこれと同様という認識を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)