【ブリュッセル時事】北欧のスウェーデン、フィンランドは18日、北大西洋条約機構(NATO)に加盟を申請した。ウクライナに侵攻したロシアの脅威の高まりを受け、これまでの軍事的中立の戦略を転換。足並みをそろえて米欧同盟入りを目指す。欧州の安全保障は歴史的転機を迎えた。
 両国大使がブリュッセルのNATO本部でストルテンベルグ事務総長に加盟申請書を提出した。NATOは早期承認に向けて加盟手続きを急ぐ。実現すれば31、32カ国目の加盟国となる。
 ストルテンベルグ氏は「(両国の)加盟はわれわれの安全保障を強化する。本日の申請は歴史的な一歩だ」と歓迎。「迅速に結論を出す決意だ」と強調した。 

(ニュース提供元:時事通信社)