新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」が19日開かれ、屋外でのマスク着用について専門家有志らが、「周囲で会話が少ない場合は必要ない」とする提言を示した。一時的に推奨している2歳以上の未就学児の着用も見直すよう求めた。
 座長の脇田隆字・国立感染症研究所長は会合後の記者会見で、提言について「委員から合意を得られた」と述べた。これを受け、政府はマスク着用基準の明確化を進める。
 提言は、オミクロン株の感染力が高いことなどを理由に「マスク着用を含めた基本的な感染対策は重要だ」と改めて強調した。その上で、周囲と距離が取れる屋外ではマスクを外すよう推奨。周囲との距離が近くても、会話が少ない状況ならマスクは不要との見解を示した。
 マスク不要の屋外活動として、公園での散歩やランニング、自転車や徒歩移動などを例示。公共交通機関を利用したり屋外で会話をしたりする場合は、引き続きマスクを持参し、着用するよう求めた。
 2歳以上の未就学児は、保育園などの対応として2月に定めた「可能な範囲で一時的に勧める」を、それまでの「一律には求めない」に戻す検討が必要だと指摘。小学校などでも、熱中症リスクのある登下校時や屋外活動では、会話を控えるなどすれば不要とした。 
〔写真説明〕記者会見する厚生労働省専門家組織の脇田隆字座長=19日午後、厚生労働省

(ニュース提供元:時事通信社)