政府は20日、新型コロナウイルス対策のマスク着用について、屋外では人との距離が十分確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は「必要ない」とする見解を示した。屋内でも周囲との距離を保ち、会話を控えれば不要とした。
 一時的に推奨していた2歳以上の未就学児の着用については「一律には求めない」との方針に変更した。
 厚生労働省の専門家組織が19日、マスク着用に関する提言を示したことを受け、政府として基準を明確にした。後藤茂之厚労相は「リーフレットを作成し、丁寧な周知広報に努めたい」と述べた。
 政府見解は、屋外では人と2メートル以上の距離が確保できれば、会話の有無を問わずマスクの着用は不要と指摘。距離を取れなくても、ほとんど会話がない場合は必要なく、夏場は熱中症を防ぐため「外すことを推奨する」とした。具体例として、ランニングや徒歩での通勤を挙げた。 
〔写真説明〕マスク着用の政府見解について説明する後藤茂之厚生労働相=20日午後、東京・霞が関

(ニュース提供元:時事通信社)