22日午後0時24分ごろ、茨城県沖を震源とする地震があり、福島県いわき市で震度5弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは5キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.0と推定される。
 地下の断層が横方向にずれたとみられ、津波は起きなかった。揺れの強かった所では今後約1週間、最大震度5弱程度の地震に注意が必要という。
 福島県などによると、地震による人的被害の報告はない。東京電力によると、福島第1、第2原発に異常は確認されていない。
 JR東日本によると、東北新幹線は一時的な停電が発生したため運転を見合わせたが、間もなく再開。最大で10分ほどの遅れが発生した。
 いわき市の男性職員は「いきなり大きな揺れがドーンと来た。1分もなかったが大きい横揺れだった」と話した。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度5弱=福島県いわき市
 震度4=福島県郡山市、楢葉町
 震度3=仙台市青葉区、山形県上山市、茨城県日立市、栃木県那須町、新潟県胎内市。 

(ニュース提供元:時事通信社)