気象庁と海上保安庁は25日、黒潮が大きく南下して流れる「大蛇行」が、4月時点でも継続していると発表した。2017年8月に発生し4年9カ月続いており、蛇行の判定が可能になった1965年以降、過去最長期間となった。 

(ニュース提供元:時事通信社)