気象庁は27日夕、北海道の太平洋側では28日にかけて大雨に警戒するよう呼び掛けた。前線を伴う低気圧が発達しながら関東・東北沖を北上し、北海道東方沖に進むため。
 28日午後6時までの24時間雨量は多い所で、北海道太平洋側東部が120ミリ、同西部が70ミリと予想される。
 27日午前は東海や関東甲信で大雨になる所があった。山梨県南部町では午前10時10分までの12時間雨量が178.5ミリに上った。午後は東北や北海道で風雨が強まる所があり、北海道千歳市の新千歳空港では午後2時に最大瞬間風速24.2メートルを観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)