日本列島は29日、大半の地域で晴れ、暖気が流入した関東や東海を中心に気温が大幅に上がる所があった。気象庁によると、午後2時までに群馬県高崎市と栃木県佐野市で35.2度を観測し、今年全国で初めて35度以上の猛暑日になった。熱中症に注意が必要とみられる。
 主要都市の最高気温は午後2時までに東京都心(千代田区)で31.2度、名古屋市で32.8度、大阪市で31.8度になり、いずれも今年初めて30度以上の真夏日になった。福岡市は28.5度を観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)