24日午前6時15分ごろ、千葉県野田市の東武野田線梅郷―野田市間を大宮方面へ走行中の普通電車(柏発大宮行き、6両編成)に乗っていた男子高校生から「電車内に液体をまかれている」と119番があった。通学中の17歳の女子高校生2人が病院に搬送され、うち1人が下腹部の痛みを訴えたが、症状は軽いという。
 県警野田署は、何者かが液体をまいた可能性もあるとみて、威力業務妨害容疑で捜査を進める方針。
 同署などによると、現場となった車両2両目の床には液体が広がっており、酢のような臭いが確認された。簡易検査の結果、液体は毒性のない中性だという。電車は野田市駅で停車し、乗客約100人は避難した。車両に防犯カメラはないという。
 同線は七光台―運河間の上下線で運転を見合わせたが、午前7時35分に再開した。 
〔写真説明〕走行中の車内で液体がまかれ、電車が停車した東武野田線野田市駅=24日午前、千葉県野田市

(ニュース提供元:時事通信社)