西日本や東日本では24日、高気圧が張り出して暖かい空気が入りやすくなり、気温が上昇した。気象庁によると、新潟県十日町市で最高気温37.1度を観測し、この地点の観測記録を更新した。
 このほか、新潟県上越市で37.0度、香川県東かがわ市などで36.9度、愛媛県新居浜市などで36.8度を観測。北陸や四国を中心に35度以上の猛暑日となった所が相次いだ。
 主要都市は東京都心(千代田区)が32.6度、名古屋市が32.1度、大阪市が34.0度、福岡市が32.0度と、30度以上の真夏日となった。
 25日の最高気温は埼玉県で38度、群馬県で37度と予想される。鳥取県などには熱中症警戒アラートが発表されており、注意が必要だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)