東北地方南部や新潟県では27日、湿った空気が太平洋高気圧の縁を回るように流れ込んだほか、上空に寒気が入り、大雨になる所があった。28日は前線を伴う低気圧が中国大陸から北海道付近へ進む見込み。気象庁は北海道と東北、北陸、関東甲信では大雨に警戒し、落雷や突風、ひょうに注意するよう呼び掛けた。
 山形県新庄市では27日午後3時40分までの1時間雨量が62ミリ、午後5時までの24時間雨量が176ミリを観測。いずれもこの地点の6月の最多記録を更新した。大雨になった地域は土砂災害に厳重な警戒が必要という。
 28日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道と東北、北陸100ミリ、関東甲信80ミリ。その後、北海道では29日午後6時までの同雨量が100~200ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)