【北京時事】新型コロナウイルス感染を徹底して抑え込む中国の「ゼロコロナ」政策をめぐり、北京市トップの蔡奇・共産党委員会書記が「今後5年、方針を堅持する」と発言したとされる報道が一時出回り、物議を醸している。市民生活や経済活動を犠牲にした厳格な措置への不満が市民の間で高まる中、SNSでは「既に2年半が過ぎたのにあと5年」などと悲観する書き込みが相次いだ。
 市党委の機関紙、北京日報(電子版)は27日、同日開幕した党の市代表大会で、蔡氏が「今後5年、北京市はゼロコロナ方針を揺るぎなく堅持する」と表明したと伝えたが、後に「今後5年」の部分を削除した。同紙社長は「記者が誤って書き加えた」と釈明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)