梅雨前線や暖かく湿った空気の影響で、北海道と東北では29日、大雨が降った所があった。前線は7月1日にかけて停滞する見込みで、気象庁は土砂災害や低地の浸水などに警戒を呼び掛けた。
 29日に観測した24時間雨量は北海道八雲町で午前9時40分までに130.0ミリ、青森県弘前市で同2時までに115.0ミリに上った。
 30日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、北海道と東北100ミリ。東北ではその後、7月1日午後6時までの同雨量が約50ミリの見込み。 

(ニュース提供元:時事通信社)