新型コロナウイルスによるパンデミックで、企業では在宅勤務が一気に加速し、働き方は大きく変わりました。他方で、勤怠管理の在り方や、従業員や家族に感染者・濃厚接触者が出た際の対応、ワクチン接種への対応、さらに感染者が出た際の公表の在り方などについては対応に苦慮された企業も多かったように思います。

企業の新型コロナへの対応を法的側面から振り返り、次の大規模災害、あるいは新たな感染症の拡大時に向け、どのような対策が必要なのか弁護士の中野明安氏に解説していただきました。

【講師】
 丸の内総合法律事務所
 弁護士 
 中野明安氏

配信期限 2022年9月30日