新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、外食や郵便、鉄道などの人手不足が深刻化してきた。従業員の感染で店舗の一時休業や時短営業が続出。鉄道やバスは運転士不足から運行本数を減らしている。綱渡りの人繰りに、「濃厚接触者の待機期間をさらに短くしてほしい」(外食大手)と悲鳴が上がる。
 日本郵便は、全国約200カ所の郵便局で窓口業務を休止した。局員がコロナ感染や濃厚接触者となり出勤できなくなったという。配達に支障はないが、ゆうちょ銀行の現金自動預払機(ATM)が休止し現金が引き出せない店舗もある。
 交通関連では、JR九州が運転士や車掌の感染者急増で、5日まで特急列車計120本を運休。愛知県豊橋市の豊鉄バスは1日以降、平日も休日ダイヤで運行し、本数を通常時より約14%減らしている。同社は「安全を最優先するための措置」と理解を求める。
 スターバックスコーヒージャパンは足元で10店前後が休業。「家族の感染などで従業員が出勤できず、人が足りないケースが出ている」(広報)。ファミリーレストラン「ココス」は最大20数店が時短営業、「ビッグボーイ」は数店が一時休業した。親会社のゼンショーホールディングスは「数はまだ少ないが、今後どうなるか注視したい」と警戒する。
 一方、大手スーパーは本部やグループ会社の社員による応援態勢を整えて販売網を維持。感染状況が悪化すれば「ほかの売り場を早く閉めたり休業したりして、食品を優先するかもしれない」(イトーヨーカ堂)といい、ライフライン確保に努める方針だ。 
〔写真説明〕新型コロナウイルスの感染拡大で、窓口業務を休止した郵便局=4日午後、千葉市稲毛区(一部画像処理してあります)

(ニュース提供元:時事通信社)