大雨の影響で、福井県南越前町の国道8号では5日、土砂流入などが相次ぎ、一時約120台の車が立ち往生した。福井河川国道事務所が土砂の撤去作業などを進め、午後9時半までにすべて解消された。
 同事務所によると、5日午前、国道8号の大谷第2トンネル付近から敦賀トンネルまでの約3キロの間で、土砂流入や斜面の崩落などが6カ所で発生。土砂に埋もれた車はないが、体調不良を訴え搬送された人がいるという。
 県は同日、同町に災害救助法の適用を決めた。 

(ニュース提供元:時事通信社)