【ワルシャワ時事】ウクライナ南東部のザポロジエ原発への砲撃をめぐり、同国のツィンバリュク国際原子力機関(IAEA)担当大使は8日、同原発への国際調査団の月内派遣を呼び掛けた。ロイター通信が伝えた。また、国営原子力企業エネルゴアトムのコティン総裁は、原発周辺の非武装地帯化を提案。平和維持部隊の展開も訴えた。
 ツィンバリュク氏は、ロシアが原発への攻撃でウクライナ南部で停電を引き起こすことを狙っているとの見方を示した。これに対し、ロシア外務省は声明で、攻撃はウクライナ側によるものだと改めて指摘し、「欧州全体を人質に取っている」と非難。IAEA代表団の原発訪問を望んでいるが、ウクライナ側が阻止してきたと主張した。 

(ニュース提供元:時事通信社)