気象庁は12日、西日本では16日まで、東日本では14日から17日にかけて気温が高い状態が続くと発表した。高気圧に覆われて晴れ、35度以上の猛暑日になる所がある見込み。同庁は熱中症を防ぎ、健康管理に注意するよう呼び掛けている。
 沖縄地方では19日ごろにかけて気温が高く、33度以上になる所があると予想される。
 12日の最高気温は兵庫県豊岡市で37.2度、京都府宮津市で36.9度、石川県小松市で36.4度を観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)