台風8号は12日夜、紀伊半島の南方海上を北上し、東海地方では局地的に激しい雨が降った。8号は13日の日中に東海か関東に上陸する可能性が高く、関東を北東へ縦断する見込み。気象庁は大雨や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 東海では13日の日中に発達した雨雲が連なる「線状降水帯」が発生し、土砂崩れや低地の浸水、河川の氾濫などの災害危険度が急激に高まる可能性があるという。
 8号は12日午後9時、和歌山県・潮岬の南南東約200キロの海上を時速15キロで北北東へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。東側440キロ以内と西側165キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 一方、北海道南西部と東北地方北部では12日午前に前線の影響で断続的に大雨となり、午後も東北北部で雨が強まる所があった。前線は13日も東北に停滞するとみられ、土砂災害に厳重な警戒が必要。
 静岡市葵区では12日午後6時半までの24時間雨量が197.5ミリ、秋田県鹿角市の八幡平では午後8時40分までの同雨量が144.0ミリを観測した。
 13日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海300ミリ、関東甲信200ミリ、東北100ミリ。その後、14日午後6時までの同雨量は、東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ、東北50~100ミリ。
 13日に予想される最大瞬間風速は関東と伊豆諸島、東海30メートル、東北25メートル。波の高さは関東と伊豆諸島、東海5メートル、東北3メートル。 

(ニュース提供元:時事通信社)