静岡県の伊豆半島に上陸した台風8号により、交通機関には13日、影響が相次いだ。航空便の欠航や高速道路の通行止めが発生し、お盆休みの足が混乱した。
 航空便は13日夜までに、羽田空港発着便を中心に全日空111便、日本航空24便の計135便の欠航が決定。約1万5000人に影響した。
 東海道新幹線は13日午前7時前から静岡―掛川間で約30分間運転を見合わせた影響で、146本に最大56分の遅れが発生。JR東日本は同日午後から、千葉県内などを走る一部在来線で運転を見合わせた。
 高速道路も雨の影響で、東名と新東名の静岡県内の一部区間が上下線とも通行止めになった。 

(ニュース提供元:時事通信社)