気象庁は14日、前線を伴う低気圧が15日から16日にかけ、日本海から北海道付近へ進んで通過するため、北海道と東北、北陸では大雨に警戒するよう呼び掛けた。これまで雨量が多かった地域では土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水の危険度が高まる恐れがある。落雷や突風にも注意が必要という。
 15日午後6時までの24時間予想雨量は東北と北陸の多い所で100ミリ。その後、16日午後6時までの同雨量は、東北100~200ミリ、北海道100~150ミリ、北陸50~100ミリ。
 一方、13日夜に関東南部を縦断した台風8号は、14日午後9時に千島近海で温帯低気圧に変わった。14日未明から午後には暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、山形県や和歌山県、北海道宗谷地方で局地的に大雨になり、記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。
 13日深夜に発達した雨雲が連なる「線状降水帯」が発生した伊豆大島(東京都大島町)では、14日午前8時40分までの24時間雨量が317.5ミリに上った。 

(ニュース提供元:時事通信社)