加藤勝信厚生労働相は14日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付け見直しについて「公費負担をどうするかなど総合的に考えながら判断しなければいけない」と語った。現在、コロナは感染症法上の「2類相当」で、全数把握することになっている。ただ感染者の急増に伴い、医療機関や保健所の負担が重くなっているとして、見直しを求める声が上がっている。
 加藤氏は、公費負担の理由に関し「感染症は他の人にうつしてはいけないため入院を強制することが前提だった」ためとし、「考え方が変わるとすれば他の医療とのバランスがどうなのか考えながら判断しなければいけない」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)