気象庁は15日、前線を伴う低気圧が日本海から北海道付近を16日に通過するため、北海道と東北地方の日本海側や北陸で大雨になる所があると発表した。東北北部には前線が延び始め、秋田県付近で15日午後から再び激しい雨が降り、同庁は土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 低気圧は17日には千島近海へ遠ざかる一方、低気圧から延びる前線が南下し、北陸や中国、九州北部で大雨になる所がある見込み。大気の状態が不安定になり、落雷や突風にも注意が必要。
 秋田県北秋田市の「比立内」観測点では、15日午後8時20分までの6時間雨量が69.0ミリとなった。
 16日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東北250ミリ、北海道150ミリ、北陸80ミリ。その後、17日午後6時までの同雨量は、北陸と中国100~200ミリ、九州北部100~150ミリ、東北50~100ミリ。 

(ニュース提供元:時事通信社)