東・西日本では15日、太平洋高気圧に覆われて晴れた所が多く、東海と西日本で35度以上の猛暑日になる所が相次いだ。気象庁によると、兵庫県豊岡市で38.0度、愛媛県西条市で37.9度、大分県豊後大野市で37.4度を観測した。
 16日も東・西日本の太平洋側を中心に厳しい暑さが続くとみられ、最高気温は前橋市と埼玉県熊谷市で39度、大分市で37度と予想される。同庁は熱中症を防ぐよう呼び掛けている。
 15日の主要都市の最高気温は、東京都心(千代田区)34.0度、大阪36.3度、名古屋と福岡35.2度だった。 

(ニュース提供元:時事通信社)