新型コロナウイルスの全感染者の情報を集約する「全数把握」について、政府が見直しに向けた検討を始めたことが17日、関係者への取材で分かった。専門家らの意見を踏まえ、8月下旬にも具体案が示される見通し。感染拡大の「第7波」が続く中、医療機関や保健所の負担軽減を図る。
 加藤勝信厚生労働相は同日、政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長ら専門家と意見交換した。終了後の取材に尾身氏は、全数把握見直しのため別の検討会を立ち上げ、集中的に議論する必要があるとの考えを示した。
 専門家などからは全数把握に代えて、季節性インフルエンザと同様に指定した医療機関で診断された患者のみの情報を集める「定点観測」とする案や、報告する患者を重症化リスクのある人に限定する案などが挙がっている。 

(ニュース提供元:時事通信社)