気象庁は18日夕、北海道の太平洋側では19日にかけて激しい雨が降る所があるとして、注意を呼び掛けた。前線上の低気圧が東北地方北部付近から北海道の南東海上へ進むため。19日午後6時までの24時間雨量は多い所で100ミリと予想される。
 18日未明から午前にかけては北陸沖にあった低気圧や東・西日本を南下する前線の影響で、東海や近畿、九州北部を中心に大雨になった。
 12時間雨量は長崎県西海市で午前0時10分までに116.5ミリ、京都市で午前6時50分までに107.0ミリ、静岡県川根本町で午後1時半までに191.0ミリを観測した。 

(ニュース提供元:時事通信社)